知らなきゃ損するレイクの過払い金請求のデメリット

知らなきゃ損するレイクの過払い金請求のデメリット

知らなきゃ損するレイクの過払い金請求のデメリット

  • どの事務所に依頼すれば迷ったら消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所

    これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。
    過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。 ...

    公式サイト

レイクで過払い金の対象となる条件と過去の金利

消費者金融からお金を借りた経験がある人は、過払い金が発生している可能性があります。過払い金とは本来払わなくてもよい利息を余分に払ってしまい、その余分な利息を業者から取り戻せるお金のことをいいます。なぜ業者からお金を借りていた人は必要以上の利息を払っていたのでしょうか。それは業者が利息に関する2つの法律を使った「グレーゾーン金利」を利用したからです。

利息に関する2つの法律とは、「利息制限法」と「出資法」です。利息制限法の決まりでは20%以上の利息、出資法では29.2%以上の利息を取ることを禁止しています。しかし法律が2つ存在すれば、20%以上でも29.2%未満の利息だったらよいのではないかと考え、業者は利息制限法以上、出資法未満の利息に利率を設定し、利用者から必要以上の利息を取ることに成功しました。

この2つの法律を使って業者が作り出した利息がグレーゾーン金利なのです。通常はこれだけでは法律違反なのですが、業者はもうひとつの法律「貸金業法」という法律を持ち出しました。この法律のひとつに「債務者への貸金の利息は任意で決定できる」という意味の決まりがあります。業者はこの貸金業法の制定を契約書類の文書だけ記載して、しっかりと説明せずに利用者と契約してお金を貸し出しました。

利用する一般人は当然、金融に関する法律など詳しいわけがありませんから、消費者金融からお金を借りたら利息はこんなものか、と納得して、返済の際に当たり前のように利息を払い続けました。このように、各消費者金融会社やクレジット会社は法律のグレーゾーンを利用して、余分な利息を取ることが可能だったのです。

しかし、2006年に、グレーゾーン金利が明るみになり、最高裁判所ではグレーゾーン金利で支払った利息は無効だと判決しました。それを受けて金融に関する各法律は見直しをされ、各業者も設定していた利息の利率を下げる方向へ向かいました。レイクは、2007年12月2日以降は利息の利率を以前より引き下げるように改正しています。そのためレイクに過払い金請求ができる対象者は、2007年12月2日より前にレイクを利用していた方に限られます。

レイクの過払い金の返還率とお金が戻ってくるまでの期間

レイクに過払い金請求をした場合、レイクは新生銀行が親会社の大手消費者金融なため経営が安定しているので、過払い金の返還率は高いと言われています。個人で電話交渉をして請求した場合、返還率は50〜80%で期間は2〜4カ月ほどかかります。

弁護士や司法書士などの専門家に交渉を代行してもらう場合、返還率は80%ほどになっています。これが裁判にまで発展すると、個人で行っても専門家にお願いしても、100%の返還率になります。期間は6〜7カ月ほどかかります。

レイクに過払い金請求するデメリットとリスク

銀行のカードローンでありながら、過払い金請求の対象となるレイク。それにはしっかりした理由があるのです。そこで、レイクから過払い金請求をする場合はどのような点が重要なのでしょうか。そのポイントを解説します。

なぜ銀行カードローンのレイクへ過払い金請求ができるの?

過払い金請求は消費者金融などの貸金業者に対してすることができますが、貸金業者ではない銀行にはできません。そのため、銀行カードローンのレイクへなぜ過払い金請求ができるのか疑問に感じる人もいるでしょう。

レイクは2008年、新生銀行に買収される前まで、外資系企業であるGEの消費者金融サービスでした。当時利用していた人は貸金業者からの借入ということになり、過払い金が発生していれば請求できるのです。2008年より、レイクは新生銀行のカードローンとして存在しています。銀行資本が入ったことで、過払い金返還のための資金も豊富に有しています。そのため、過払い金請求に対する対応は良心的です。

和解で過払い金請求したほうが効率的!

レイクへの過払い金請求は、回収率も高くて手続き期間も短く済ませられます。和解でも訴訟でも満足できる過払い金額の回収が見込めるしょう。

ただ、訴訟よりも和解で過払い金請求したほうが効率的だと言えるのではないでしょうか。和解の場合でも、9割以上回収することができます。

また、過払い金の回収も手続き開始から、1カ月半程度で実現できるのです。一方、訴訟をする場合は過払い金満額と年5%の過払い利息を回収でき、その額は和解よりも多くなります。しかし、専門家に支払う報酬額が和解の時よりも高くなるのが通常です。そのため、実質的な過払い金回収額は同程度になる場合も少なくありません。また、裁判の手続きによってどうしても過払い金回収までの期間が長引いてしまいます。これらを総合的に考慮すると、費用対効果は和解の方がよいです。

レイクへ過払い金請求する際の問題点

銀行資本が入っていることもあり、レイクの過払い金請求は比較的容易だと言えるでしょう。しかし、手続きする時の問題点があるので、それらを把握しておくことがポイントです。過払い金請求する場合、全取引履歴の開示を金融業者へ求めます。

ただし、レイクの場合は1993年10月以前の情報を出してもらえません。履歴を破棄してしまったので出すことができないというのがレイク側の言い分です。このような場合、レイクが開示してきた情報のみで過払い金請求をすれば特に問題ありません。しかし、実際に発生している過払い金額に比べて、回収額は低くなってしまいます。そこで発生した過払い金をしっかり回収するため、推定計算の方法で過払い金額を計算して請求します。少し特殊な計算になるので弁護士や司法書士などの専門家へお願いする必要があります。

レイクは取引履歴の開示問題を除けば、スムーズに過払い金請求することができるでしょう。

自分で過払い金請求するデメリットとリスク

過去に消費者金融大手のレイクにて払いすぎてしまった利息分を返還してもらうために過払い金請求を行うときは、法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼をしなくても自分で手続きをとれるのです。自分で過払い金請求をすることになった場合の注意点についてみていきましょう。

自分で過払い金請求をするメリット、デメリット

レイクに過払い金請求を自分で行う場合メリットとデメリットの両方がありますので、よく理解してから手続きをすすめましょう。

メリットは専門家に依頼する手数料を支払う必要がなくなることです。専門家に支払う費用はそれなりにかかるので、費用負担分を借金返済やその他の支払いに有効活用できるようになります。

デメリットは手間がかかることと、専門家に依頼するよりも過払い金請求で戻ってくる金額が少なくなる可能性が高くなる点です。レイクとの交渉や必要な書類を揃えるなど全て自分で行う必要が出てきますので時間と手間がかかるのです。専門的な知識がないことや交渉に慣れていないことなどからレイクとの話し合いがスムーズにすすまず、過払い金請求金額を減額されてしまうこともあるのです。

過払い金請求の流れについて

スムーズに手続をするためにも過払い金請求の流れについて理解しましょう。

まず行うべきことは取引履歴の取得になります。過去にレイクからお金を借りた時の控えを持っていればいいのですが、手元にない場合は取引履歴請求書を作成してレイクに送付すれば取得することが可能です。

取引履歴を取得できたら過払い金の計算を行いましょう。過払い金の計算方法がわからないときは、過払い金計算を行ってくれる無料ソフトなどを利用すると便利です。必要項目を入力するだけで簡単に過払い金を計算してくれます。

計算結果をみて過払い金が発生していることがわかれば、レイクに過払い金請求書を送付します。過払い金請求書は検索エンジンを使って探してみるとさまざまなサイトよりダウンロードできるようになっていますし、記入方法に関する情報も得られますのでそれを参考にしながら必要事項を埋めていきましょう。記入が済んだらレイクに請求書を送付します。

和解交渉の際の注意点

自分で過払い金請求書をレイクに送付した場合、いきなり裁判に発展することはありません。レイクもできるだけ裁判に発展することは避けたいと考えますので、和解交渉に持ちこんでくると考えられますので、請求書が届いてから和解交渉の件で担当者から連絡がくるでしょう。その際は、本来返還してもらえるはずの過払い金よりも安い金額を提示されて、和解を求めてくるケースが多く見られます。

特に自分で過払い金請求を行ったときは専門知識がないとみなされて実際の返還金額よりも返還金額を安く設定される可能性が高いのです。裁判を起こすのは面倒だと思って和解に応じてしまおうと考えますがが、払い過ぎた利息を取り戻す権利はありますので満額返してもらえるように妥協しないようにしましょう。自分で過払い金請求をするのは大変なこともありますが、過払い金請求に関する知識や手続きについてきちんと調べておくことでレイクとの交渉がスムーズにすすみやすくなります。”

レイクから取引履歴を開示請求する窓口

レイクから過払い金請求を行う際、取引履歴の開示請求を行うには、『本人確認書類』と『個人情報開示請求書』を用意し、窓口に送付する方法があります。レイクには『レイク過払い金無料相談センター』があるので、個人で問い合わせをしてもいいでしょう。

レイクは、現在は新生フィナンシャル株式会社がもっていますが、過去にいくつか会社名が変わっていますので、複雑で混乱することがあります。もしわかりづらく手に負えない場合は弁護士や司法書士などの専門業者に委託するとスムーズに過払い金を返還してもらえるでしょう。

レイクとは

レイクは新生銀行が行っているカードローンのブランド名です。元々は外資系の消費者金融会社として消費者金融業を行っていましたが、新生銀行に買収され、新生銀行カードローンレイクというブランド名で、キャッシングやカードローン事業を行っています。個人のキャッシング、ローンだけでなく、法人向けのローンも扱っています。「ほのぼのレイク」というキャッチフレーズでのCM、広告など大量の宣伝により、知名度は全国規模です。

レイクは以前、上限29.2%という高い利率で利息を取っていましたが、2006年のグレーゾーン利息の見直しにより、2007年12月2日から利率を下げて、今では利率4.5~18パーセントとなりました。そのため、2007年12月2日の利率見直しの前にレイクを利用していた方は、利息の過払い金が発生している可能性があります。レイクは親会社が新生銀行であるため、安定した経営状態を保っていて、過払い金の交渉はスムーズに行われると予想されます。過払い金請求をした場合、任意の場合は5~8割りほど返済されると考えられています。レイクは、親会社が新生銀行という銀行系のカードローンなので、経営は安定していると考えられ、倒産の可能性は低いといえるでしょう。

レイクの会社概要は以下の通りになります。

ブランド名 新生銀行カードローン レイク
商号 株式会社新生銀行
代表取締役社長 工藤英之
本社所在地 〒103-8303 東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビル
創立日 昭和27年12月
資本金 5,122億円
決算期 5月(通期)、7月(第一四半期)、10月(中間期)、1月(第三四半期)
従業員数 (連結)5,356人、(単体)2,210人
賃金業者登録番号 関東財務局長(8) 第01024号(新生フィナンシャル株式会社)
グループ会社 新生フィナンシャル、新生パーソナルローン、アプラス、全日信託、新生IPグループ、新生証券、新生信託、昭和リース、新生プロパティファイナンス、新生インベストメント・マネジメント
信用保証株式会社 新生フィナンシャル

レイクに過払い金請求をした体験談

やっと借金の心配をしないで日常が送れる様になってホッとしました

  • 50代
  • サービス業
  • 女性

私が30代後半の時に主人の会社が業績不振で給料が激減してしまい、私の給料と合わせても生活費や子供の教育費の捻出がとても難しくなりました。そこでレイクから借りて毎月の赤字を補てんして生活を維持していましたが、積もり積もって借金額は240万円になってしました。利息だけ返済するので精一杯で、10年以上経っても借金の返済が終わる事は無かったです。

そんな時に週刊誌で過払い金請求をした人の体験談を読み、私も当てはまるのではと思い思い切って弁護士さんに相談をしました。弁護士さんはとても親身になって相談に乗ってくれ、過払い金請求が出来る事を教えてくれました。

過払い金請求の手続きは弁護士さんが進めてくれ、無事に過払い金を返還して貰う事が出来ました。

やっと借金の心配をしないで日常が送れる様になってホッとしましたし、借金で悩んでいる人は借金問題の専門家に相談すると良いと思います。”

残っていた借金の返済をする事が出来ました

  • 60代
  • 会社員
  • 男性

40代の頃に仕事のストレスからギャンブルに行くようになり、もう20年以上暇あればパチンコや競馬に行っていました。しかしのめり込むと後先考えない性格なので、手元にお金が無くなればレイクから借金をしてギャンブルにお金をつぎ込んでいた結果、借金額が230万円になってしまいました。

少しずつ返済をして来ましたが利息だけ返せれば良い方で、家族にも話せず困り果てていた時にテレビで過払い金請求をした方の体験談の番組を見て、自分も当てはまるかもと藁をもつかむ気持ちで弁護士事務所に相談に行きました。

弁護士さんはじっくりと時間を掛けて話を聞いてくれ、過払い金請求をして貰った結果過払い金が返還されて、残っていた借金の返済をする事が出来ました。

私の様に借金で悩んでいる人は、借金問題の専門家に過払い金請求の相談をするのがおすすめです。

  • 法テラス
  • http://www.houterasu.or.jp/
  • >法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ

私が支払った40万円のうち30万円の返戻を行ってくれた

  • 60代
  • 無職
  • 女性

私は、年金生活の前に職を失ってしまったので、一時的にレイクから借金をしていたことがあります。しばらく借金生活を送って、年金が入ってくるタイミングで一括で支払いを行いました。当時は利息のこと等をわかっておらず、提示された額をそのまま支払っていましたが、体験談を見る限りどうやら利息が高いことに気がつきました。

そして、過払い金請求についてのCMを見てからはというと、弁護士にまず相談してみることにしたのです。相談してみた結果、引き出し計算等過払い金請求に必要な手続きを進めてくれて、私が支払った40万円のうち30万円の返戻を行ってくれたのです。訴訟を起こすつもりでしたが、時間の関係上和解交渉で話を進めたので、訴訟を起こせば満額の返戻が可能だったそうです。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ