知らなきゃ損するアコムの過払い金請求のデメリット

知らなきゃ損するアコムの過払い金請求のデメリット

知らなきゃ損するアコムの過払い金請求のデメリット

  • どの事務所に依頼すれば迷ったら消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所

    これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。
    過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。 ...

    公式サイト

アコムで過払い金の対象となる条件と過去の金利

『過払い金返還請求』とは、お金を貸し付けている業者への返済金を法律で定めた金利以上支払っていた場合に、過剰に支払っていた金額の払い戻しを請求できることをいいます。

そもそもなぜ金融機関に過剰に返済金を支払ってしまう事態が起こるのかというと、2008年より前まではアコムなどの消費者金融機関の多くが『利息制限法』という法律で定められた金利の上限よりも高い金利で貸し付けを行っていたためです。

当時は、『出資法』で定められた29.2%を超える金利でお金を貸し付けることに対しては明確な法律違反として厳しく取り締まられていましたが、『利息制限法』の上限の20%を超える金利での貸し付けには罰則が定められていなかった為、アコムを含むほとんどの業者が『グレーゾーン金利』と呼ばれる20%~29.2%の間の高い金利で運用を行っていました。

それと同時に、当時あった『貸金業法』の中の『みなし弁済』と呼ばれている規定の中には、『利息制限法を超えている金利であっても、お金を返す人が任意で払う場合には法律違反ではない』という条項があり、『グレーゾーン金利』の高い金利も、この『みなし弁済』という規定によって合法であると考えられていたのです。

しかし、後にほとんどの業者が法律で定義されている『任意性』の条件を満たしていないという判決が2006年に最高裁判所で出されたことによって、『グレーゾーン金利』での高い金利の貸し付けが法律違反であるとされました。

したがって、アコムなどの貸し付け業者に支払った返済金のうち、利息制限法の上限を超えて支払った分の返還請求ができるようになったのです。

つまり、アコムに利息制限法の上限を超えた金利でお金を借りていた方は『過払い金請求』をすることができます。現在は『利息制限法』や『出資法』などの三つの法律は改正されており、利息制限法の違反にはしっかりと罰則が科され、出資法の上限金利についても20%まで引き下げられたのに加え、元凶である『みなし弁済』も廃止されました。

法律の改正に伴って多くの金融業者は金利の見直しを行い、アコムについては2007年6月頃に金利の改定を行っています。法律改正以降は利息制限法に準じた金利での運用を行っているので、アコムに対して過払い金請求ができる方は2007年6月以前に借入を行った方たちが対象になります。

アコムの過払い金の返還率とお金が戻ってくるまでの期間

アコムに過払い金請求をした際の返還率は85%~100%と高めです。過払い金請求には大きく分けて和解交渉と訴訟というふたつの手続き方法が存在しますが、和解交渉の場合には100%の返還率は難しいと考えましょう。

また、弁護士に依頼するか個人で過払い金請求をするかでも大きく異なってきます。弁護士に依頼した方が返還率は高くなる傾向にありますが、一方で弁護士費用がかかります。個人の方が費用に関しては安く済みますが、手間や時間を考えると費用を払ってでも返還率を高く出すためには専門家に頼むのが得策です。

アコムに過払い金請求するデメリットとリスク

消費者金融でキャッシングをしている人の中には、アコムを利用している人もいるでしょう。長い期間取引している人は、過払い金請求をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。そこで、アコムから過払い金請求する時のポイントについて見ていきます。

経営基盤は安定しており、倒産リスクは少ない

アコムは消費者金融の中でも最大手に位置づけられています。2004年に大手金融グループである三菱UFJフィナンシャルグループの関連会社になりました。消費者金融全盛でもあった2004年当時、アコムの年間貸付総額は1兆6000億円にのぼっています。その金額は、アイフル、プロミス、武富士など大手消費者金融を抑えて堂々の1位となっています。

そのため、数ある消費者金融の中でも、多くの過払い金が発生していると考えられるでしょう。アコムは、三菱UFJフィナンシャルグループに属しており、経営基盤も安定しています。倒産リスクも少なく、過払い金請求しやすい消費者金融だと言えるでしょう。ただ、アコムは2006年の貸金業法の改正を受けて、2007年6月に金利の引き下げを行っています。そのため、アコムへ過払い金請求できるのは、それ以前に取引した人が対象です。

和解でも訴訟でもスムーズに手続き可能

経営基盤が安定しているアコムの場合、和解でも訴訟でもスムーズに過払い金請求できるのが特徴です。和解の場合、手続き開始から2カ月で過払い金を回収できます。担当者の交渉態度も良心的で早く話がまとまるのですが、さすがに過払い金全額回収というわけにはいきません。基本的に過払い金全額の8~9割程度の回収割合となります。

一方、訴訟の方法で手続きを行えば、過払い金全額の回収が見込めます。それだけでなく、最大年5%の過払い利息の回収も可能です。手続き期間は4~6カ月と少し長くなってしまいますが、時間をかけてでも全額回収したいのであれば、訴訟を選択するとよいでしょう。ただ訴訟を起こして過払い金請求する場合、手続き開始から回収まで1年以上かかる場合もあります。それに比べれば、アコムへの訴訟による過払い金請求期間は、短いと言えるのではないでしょうか。

過払い金請求した時のデメリットと注意点

アコムへ過払い金請求した場合、デメリットと注意点を把握しておく必要があるでしょう。まず過払い金請求の手続きによって、アコムカードは自動解約になってしまいます。特にショッピング機能がついているアコムマスターカードを普段の生活で利用している場合、気をつけなければなりません。

また、アコム関連会社からの借り入れがあると不都合が生じる場合があります。そのため、これらの借り入れを事前に精算しておくことが大切です。例えば、アコムが2009年に吸収合併したDCキャッシュワンから借り入れがある場合、信用情報に傷がついてしまう可能性があります。

また、三菱東京UFJ銀行のバンクイックやじぶん銀行のじぶんローンで借り入れをする場合、保証会社になるのはアコムです。ですから、これらのカードローンによる借り入れも精算しておく必要があります。

アコムは過払い金請求しやすくて回収率も高いですが、デメリットや注意点があるので気をつけましょう。

自分で過払い金請求するデメリットとリスク

アコムへの過払い金請求を考える際、費用負担を減らすために自分で行いたいという人もいるでしょう。一見すると、複雑に思える過払い金請求ですが、自分で行うことは可能なのでしょうか。ここでは、自分でアコムから過払い金請求する方法と注意点についてまとめます。

注意点を把握しよう!自分でやるなら慎重に!

アコムに過払い金請求する場合は、まず取引履歴を取り寄せましょう。お客様サービスセンターへの電話や店頭、郵送などで請求することができます。急いでいる場合は、店頭に行くと2時間ほどで手渡ししてもらえるでしょう。どの方法で取引履歴を請求するにせよ、その際、取引履歴を開示する前に和解交渉が始まることもあるので注意が必要です。

正確な過払い金を知るためには取引履歴が必須なので、和解交渉の話があっても取引履歴がほしいという旨はしっかり伝えましょう。取引履歴が手元にきたら過払い金の算出を行います。ダウンロードできる無料のソフトなどを使って正確に計算していきます。エクセルソフトが必要なので事前に準備しておきましょう。金額が違うことで、請求に応じてもらえないというケースもあるので要注意です。

過払い金の算出ができたら「過払い金返還請求書」を郵送し、実際に過払い金請求を行います。過払い金請求書の見本も無料でダウンロード可能です。郵送するときは、内容証明郵便で送ると、実際に請求書を送った記録が残るので、アコムとしても無視することができなくなります。

しばらくすると、担当者から電話がきて和解交渉に入ります。注意点は、実際の過払い金より安い金額で交渉されるということです。過払い金請求は正当な権利と認められているので、満額返済希望の意思をはっきりと伝えましょう。現状としては、弁護士代行で過払い金請求をすると満額の80%返還、自分で過払い金請求すると満額の50%返還というケースが多いようです。

和解成立すれば、早くて3カ月後、遅くて半年程経ってから過払い金が振り込まれるという流れになります。もし、和解に至らない場合や満額請求にこだわりたい場合は過払い金請求訴訟を起こすこともできます。訴訟を起こした時点で、アコム側から好条件の和解案を提示されることもあるでしょう。納得できる和解案であれば応じるという選択肢もあります。裁判となると時間やお金がかかるので、多くの場合は訴訟を起こさずに満額の80%返還で和解成立するというケースがほとんどです。

アコムから取引履歴を開示請求する窓口

アコムに過払い金請求をするには、アコムとの取引履歴を入手しなくてはいけませんが、その際には取引履歴を求める手続きとして「開示請求書」をアコム側に提出しなくてはいけません。まずアコムのお客様相談センターに連絡をして開示請求書を送ってもらい、請求書に必要事項を記入して、アコムに郵送します。開示請求書は、最寄りのアコム支店に直接取りに行くか、アコムの公式ホームページにてダウンロードすることもできます。提出してから2〜3週間後に、手元に取引履歴が届きます。

アコムとは

アコムの正式名称は株式会社アコムといい、日本有数の大手貸金業者です。人気芸能人を起用した「はじめてのアコム」というキャッチフレースでおなじみのCMや広告で、国内ではすっかり名前が浸透しています。「むじんくん」という名前で、業界に初めて自動契約機を導入したのもアコムです。

アコムの歴史は古く、元々は木下政雄という人物が神戸の三宮にて丸糸呉服店を創業したことに始まります。1947年から呉服屋と並行して質屋も始め、その質屋が貸金業者アコムの前身となり1978年にアコムを設立します。

2008年に業務提携していた三菱UFJフィナンシャル・グループがアコムの株を40%所有し、子会社となります。貸金業法が改正される前は年間の貸金総額が1兆6,000億円にもあがっていました。親会社が三菱UFJフィナンシャル・グループなので、現在でも安定した経営を保っており、過払い金請求にも良心的に対応してくれます。

アコムの会社概要は以下の通りです。

ブランド名 アコム
商号 アコム株式会社
代表取締役 木下盛好
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
創業日 1936年4月2日
設立日 1978年10月23日
資本金 638億3,252万円
決算期 3月31日(年1回)
従業員数 1,916名
賃金業者登録番号 関東財務局長(11)第00022号
包括信用購入あっせん業者登録番号 関東(包)第5号
加盟団体 日本賃金業協会、一般社団法人 日本クレジット協会、一般社団法人 日本経済団体連合会
親会社 株式会社三菱UFJフィナンンシャル・グループ
グループ会社 アイ・アール債権回収株式会社、エム・ユー
信用保証株式会社 EASY BUY Public Company Limited、PT. Bank Nusantara Parahyangan,Tbk.、エム・ユー・コミュニケーションズ株式会社、マルイトグループ
関連サービス 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)、自分銀行カードローン、DCキャッシュワン

アコムに過払い金請求をした体験談

思い切って主人や弁護士に相談して本当に良かったです

  • 60代
  • サービス業
  • 女性

爽やかな店員風の女性がアコムを宣伝している時期にはじめてお金を借りました。その頃、主人の給料が激減して、家計が毎月赤字になっていました。そこで、テレビCMをしているのだから安心だろうと考え、赤字の補填分として少しずつ借りてしまったのが失敗だと思います。後で返せば大丈夫と軽く考えていたら、あっと言う間に利息が膨らんで驚くほど借金が高額になっていました。

それから主人に言えずに長年苦労して返済していましたが、何年経っても借金が減らない事に悩む毎日。最近になって主人に相談したら「過払い金を請求した体験談を話す人のテレビCMを最近良く見るから、それだけ問題になっているのだろう。家の借金も過払い金請求の対象になるのではないか」と言われて弁護士に相談をする事にしました。

すると、払ったお金に多額の過払い金があり、それを元にして借金を完済することができました。思い切って主人や弁護士に相談して本当に良かったです。過払い金請求には期限があるので、悩んでいる方は早めに相談してみて下さい。

妻には内緒を貫いてきたため、思わぬ臨時収入になりました

  • 50代
  • 会社員
  • 男性

アコムで過払い金請求をしました。当初は、自分自身で取引履歴を取り寄せておこなうつもりでしたが、担当者の方が難色を示したため、専門家に依頼することにしました。ネットで調べた司法書士事務所に出向いて依頼しました。アコムとの取引についての詳細を聞かれました。その後、過払い金請求については、一任しました。

すると50万円ほどの残高がありましたが、完済になり、20万円を超える過払い金を手にすることができました。長いサラリーマン生活の中でも印象に残った体験談になりました。長い間、真面目に返済をしてきて良かったと思いました。妻には内緒を貫いてきたため、思わぬ臨時収入になりました。家族に何か買ってあげるつもりです。

  • 法テラス
  • http://www.houterasu.or.jp/
  • >法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ

200万円近く取り戻すことができました

  • 50代
  • 主婦
  • 男性

30代の頃、暇つぶしで始めたパチンコにどっぶりはまってしまい毎日のようにパチンコ屋通いを続けていました。

負けが込んだ時はアコムで借金を繰り返し、その分もパチンコで取り返そうと躍起になった結果、気が付いた時には500万円近い借金を抱えて、生活が立ちいかなくなりました。親兄弟をはじめ親戚中に頭を下げてなんとか返済しましたが、当然ながら親戚付合いは全く無くなり、生活も苦しいままでした。

そんな時、テレビで過払い金請求のことを知り、週刊誌などで体験談を読むうちに自分も請求できるのではないかと思い切って弁護士事務所に相談した結果、200万円近く取り戻すことができました。弁護士さんには本当に感謝しています。

今度、付合いが途絶えた親戚に菓子折りでももって会いに行こうと考えています。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ