知らなきゃ損するニコスの過払い金請求のデメリット

知らなきゃ損するニコスの過払い金請求のデメリット

知らなきゃ損するニコスの過払い金請求のデメリット

  • どの事務所に依頼すれば迷ったら消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所

    これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。
    過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。 ...

    公式サイト

ニコスで過払い金の対象となる条件と過去の金利

ニコスカードを利用してお金を借りたことがある方は、「過払い金」が発生している可能性があります。過払い金とは通常支払わなくてもよい、余分な利息のことです。借りたお金に対して付く利息は、法律によってそのパーセンテージが決まっています。通常は利息制限法という金融に関する法律によって決定され、利率の上限は20%となっています。

しかし、金融に関する法律はもうひとつ存在し、それが出資法という法律です。出資法では利息の上限が29.2%となっており、利息制限法の利息の上限20%から出資法の利息の上限29.2%が「グレーゾーン金利」と言われています。通常、貸金業者は利息制限法で定められた利息を適応しなければいけないのですが、貸金業者は利息がより高く制定されている出資法を利用しました。

出資法を利用して利息を多く取った場合は法律違反となるのですが、貸金業者はさらに貸金業法という法律を持ち出し、その法で定められている「みなし弁済」を利用して、過剰に利息を取ることを合法としてきたのです。そうしてグレーゾーン金利は長い間、貸金業者に多大な利益をもたらしていましたが、2006年に最高裁判所でグレーゾーン金利は無効であるという判決が下されました。

その後、貸金業法など金融に関する法律は改めて見直され、グレーゾーン金利の問題は終結をむかえ現在に至ります。そして裁判以降、貸金業者は利息の利率の見直しがなされ、ニコスはかつて利率の上限を29%に制定していましたが、2007年以降、利率の上限を15%まで引き下げました。そのためニコスカードを利用した方で過払い金請求ができる対象者は、2007年以前にニコスカードでお金を借りて利息を払った方に限定されます。

ニコスは2016年3月の決算で5年ぶりの赤字が決定されました。過去の過払い金の総額が200億円になったことなどが原因です。しかし過払い金の支払いはピークを過ぎたと予想され、大手の銀行が親会社ということもあり、倒産の心配はないと考えられます。

ニコスの過払い金の返還率とお金が戻ってくるまでの期間

三菱UFJニコスに過払い金請求を個人で行った場合、元本の5割~7割が返還されます。もし弁護士や司法書士のような専門家に任せると、6割~9割が返還されるでしょう。裁判に持ち込めば満額返還することも可能です。

三菱UFJニコスは対応が良く、個人でも専門家でも同じ対応をしますが、返還率に変動が出る場合がありますので、専門家に任せた方が満足いく取引をすることができるでしょう。また、日本信託・キャッシング専門のマイベスト・DCカード・ガソリンスタンド系のニコスカードは三菱UFJニコスへの請求になります。

ニコスに過払い金請求するデメリットとリスク

大手カード会社のひとつに挙げられるニコス。正式名称は三菱UFJニコスで、三菱UFJフィナンシャルグループに属しています。ニコスへ過払い金請求をする場合、どのようなポイントや注意点があるのか見ていきましょう。

複数のカードを対象にすることが多い

ニコスが発行しているカードと言えば、NICOSカードがあげられます。しかし、過払い金請求の対象となるカードは他にもあります。具体的にはニコスの前身である日本信販時代からあるマイベスト、吸収合併により承継したDCカードやUFJカードもその対象です。そのため、ニコスへ過払い金請求をする場合は複数のカードを対象にして行うことが多くなります。また、ガソリンスタンドの代金支払いなどで利用できるENEOSカードがありますが、これはニコスの提携カードです。ENEOSカードでキャッシングをして過払い金が発生している場合は、ニコスへ請求していくことになります。過払い金請求の対象となるカードが多いと、一般の人は全部を把握しきれません。その意味では、ニコスへ過払い金請求する場合は、専門家の力を借りて手続きをした方がよいでしょう。

回収率は問題なしでも和解に少し時間を要する

ニコスは大手金融グループに属していることから、経営資本という面では全く問題ありません。過払い金返還資金の調達も容易な状況にあり、担当者の対応も良好です。

専門家が過払い金請求の手続きに関与して和解する場合、担当者は8割程度の金額を提示してくるのが一般的です。担当者との交渉次第では9割程度の回収もできるでしょう。ただし、手続き開始から過払い金回収まで少し時間を要するかもしれません。ニコスの場合、和解成立から過払い金の入金まで2~3カ月、手続き期間は4カ月程度かかります。

また、本人自ら過払い金請求をして和解をする場合、担当者は厳しい対応をしてきます。和解交渉の際、専門家が関与している場合より低い金額を提示してくるのが通常で、5割程度の額を提示される場合も少なくありません。

ニコスへ過払い金請求する際の注意点

ニコスへの過払い金請求により、利用しているNICOSカードが解約扱いとなってしまいます。手続き後も継続してNICOSカードを利用しようと考えている人は注意が必要です。

次にキャッシング枠は無論、ショッピング枠の残債がある場合に過払い金請求をすると、信用情報に影響が出ます。借金返済のことばかり考えていて、ショッピングまで頭がまわらなかったという場合もあるので気をつけましょう。

それから、三菱東京UFJのVISAのカードローンは保証会社がニコスとなっています。そのため、ニコスへ過払い金請求すると、このカードローンは代位返済で処理される場合があるので注意しなければなりません。

ニコスの過払い金請求は本人による手続きが厳しく、対象となるカードも多く、注意点も少なくないので、専門家へ依頼して手続きしたほうがよいでしょう。

自分で過払い金請求するデメリットとリスク

過払い金請求は弁護士を通すのが一般的ですが、費用を支払うと金額があまり残らない場合もあります。また、ブラックリストへの掲載を心配する人もようです。ニコスに過払い金請求を考えている人は参考にしてください。

過払い金請求の基本的な方法とは?

過払い金が見込める場合には、まずニコスに『取引明細』を請求してみましょう。実際に支払った金利などを正確に把握するためです。『取引明細』が入手できたら、それを元に本来支払うべき金額を出していきます。

自分では難しい場合には、パソコンで計算できるソフトがいくつか出ているので、ネットで検索して自分に合ったものを探してみるのもよい方法です。金額が出たら、『内容証明郵便』でニコスに過払い金の返還を請求するというのが基本的な流れです。

ニコスに過払い金請求する時の注意点は?

過払い金請求は支払った部分に対して払い過ぎていた部分を返還してもらうものですが、ニコスの系列であるDCカードなど三菱UFJフィナンシャルグループのカードの使用があれば、滞納や大きな金額の返済が残っていないことを確認しましょう。

金融機関は滞納や債務整理を行おうとする債務者であることが分かると残金を一括で回収しようとする傾向が高くなります。過払い金請求は債務整理とは異なるものですが、対応は金融機関や個人の信用情報によって異なるので、他の利用はない方が望ましいのです。

ブラックリストは大丈夫?

過払い金請求は、債務整理とは異質のものです。すでに支払ったものに対して払い過ぎた分を請求するものなので、金融庁によって過払い金請求は信用情報に関係ないものという考え方がされています。

しかし、金融機関によっては過剰に判断してしまう場合もあるため、仮に問題のある債務者という認識をされてブラックリストに載ってしまうような場合には、金融庁に相談してみましょう。通常は他のローンやカード利用には影響しないとされています。

個人の方で行う方が、メリットがあるケース

過払い金がかなりの金額が見込めて、弁護士の費用を差し引いても十分手元に残る場合には依頼する方が面倒はないかもしれません。

しかし、弁護士費用を考えるとほとんど残らないというのも過払い金請求を躊躇する理由としては多いようです。ブラックリストの心配ややり方が分からずに迷っている人は、まずは『取引明細』を送ってもらい、確実に見込める場合は返還してもらいましょう。”

ニコスから取引履歴を開示請求する窓口

三菱UFJニコスに過払い金請求をするために取引履歴の開示請求をする方法は、個人で問い合わせをする方法と弁護士や司法書士などの専門家にお願いする方法があります。三菱UFJニコスに電話をして、『開示請求書』に必要事項を記載して郵送をすれば取引履歴を開示できます。

三菱UFJニコス問い合わせ番号:0570-050-535または03-5489-6165

三菱UFJニコスは引き直し計算をした状態で開示をしてくれるので、個人でもどのくらい過払い金があるかを確認できます。

ニコスとは

ニコスは正式名称を三菱UFJニコスローンカードといい、三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社である三菱UFJニコス株式会社が運営しているカードローンサービスのブランド名です。かつては日本信託が発行していたカードですが、2005年に日本信託は旧UFJ銀行の子会社となり、ニコスは銀行系クレジットカードへ変更し、その後日本信託は三菱UFJニコスへ社名変更します。

他にもDCカード、マイベストなどのカードローンサービスも行っています。ニコスは、親会社が三菱UFJフィナンシャル・グループという大手の銀行を運営する大企業であり、その子会社である三菱UFJニコスは、国内最大のカードローン会社といわれています。

ニコスの過払い金請求では、交渉による和解の時は9割以上、裁判で起訴提訴をした時は満額に近い額で返還されている事例もあります。しかし個人での満額返還希望は難しい対応をされることもあるので、弁護士などの専門家に依頼をすることが無難といえるでしょう。

ニコスの会社概要は以下の通りになります。

ブランド名 三菱UFJニコスローンカード
商号 三菱UFJニコス株式会社(英語表記:Mitsubishi UFJ NICOS Co., Ltd.)
代表取締役社長 井上治夫
本社住所 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX
設立 (旧)日本信託:1951年6月7日、三菱UFJニコス:2007年4月1日
資本金 1,093億1,200万円(2015年3月31日現在)
決算期 3月31日(年1回)
従業員数 3,286名(2015年3月31日現在)
貸金業者登録番号 関東財務局長(11)第00115号
包括信用購入あっせん業者登録番号 関東(包)第1号
加盟団体 日本賃金業協会、一般社団法人 日本クレジット協会、一般社団法人 日本経済団体連合会
親会社 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
グループ会社 MUニコス・ビジネスサービス株式会社、カードビジネスサービス株式会社、MUニコス・クレジット株式会社、株式会社ペイジェント、株式会社ジェイエムエス
関連サービス 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)、自分銀行カードローン、DCキャッシュワン

ニコスに過払い金請求をした体験談

過払い金請求が認められて返金があり、借金を完済することができました

  • 60代
  • IT業
  • 女性
  • 司法書士杉山事務所
  • http://sugiyama-kabaraikin.com
  • 過払い金請求に強い法務事務所【司法書士法人杉山事務所】

ITバブルの時期に財布の紐が緩み、都心にマンションと外車を購入して人生を謳歌していました。ところがITバブル崩壊により給料が大幅にダウンし、マンションと車のローンを払うのが精一杯な生活に。貯金を切り崩しつつ、足りない費用は持っていたニコスカードのキャッシングを利用し、ボーナスで返済するつもりでいました。ところがボーナスも半分以下で返済が滞り、借金が雪だるま式に増えてしまいました。

その後、身の回りを整理しながらキャッシングの返済をしていましたが、借金が中々減りません。そんな時に手に取った雑誌に、過払い金請求をした体験談の広告記事があり、思わず相談窓口の電話番号をメモしました。相談は無料なので安心して事情を話すと、ニコスへ過払い金請求が可能かもしれないと言われ、早速弁護士へ調査のお願いを依頼しに行きました。結果、過払い金請求が認められて返金があり、借金を完済することができました。

今も借金に困っている人は、できるだけ早く過払い金の相談ダイヤルへの電話をおススメします。

最初は不安でしたが、それでも問題を解決出来た

  • 50代
  • 飲食店
  • 男性

私は、一時期ショッピングにはまっており、ニコスでキャッシングを利用していたことがあります。当時は、特にお金がなかったという訳ではありませんが、大きなお金がどうしても必要な時にのみキャッシングを行っていたのです。ですので、返済が遅れることはありませんでした。

CM等でニコスの過払い金請求についてが放映されていたので、おもむろに体験談をネットで調べてみると、どうやら高金利で貸し付けを行っていた期間があったのです。そこで、私も明細書を見てみましたが、確かに25%程の利息で支払いをしていたのです。さすがに納得いかなかったので、弁護士に相談して過払い金請求の手続きを進めてもらうことになりました。最初は不安でしたが、それでも問題を解決出来たので良かったです。

  • 法テラス
  • http://www.houterasu.or.jp/
  • >法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ

訴訟であれば、返還率も10割で満額の返戻も可能

  • 50代
  • 医療・看護
  • 女性

私は、ニコスでキャッシングの経験がありました。思い出したのも、過払い金請求の体験談を見たからです。おもむろに、過払い金についての広告が増えてきたので、少し気になって検索をしたというのがきっかけでした。

実際に、ニコスに過払い金請求をして20万円程の返戻をしてもらったという実績があったので、相談だけでもと思い相談してみることにしました。

弁護士に直接会って相談してみたところ、過払い金が発生していたので、そのまま手続きに移ることになったのです。訴訟であれば、返還率も10割で満額の返戻も可能でしたが、時間がなかったので今回は和解交渉になりました。それでも結局時間がかかってしまいましたが、10万円の過払い金が手元に残ったので、一安心です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ