アコムへの過払い金請求

アコムへの過払い金請求

  • どの事務所に依頼すれば迷ったら消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所

    これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。
    過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。 ...

    公式サイト

アコムはどんな消費者金融なの?

アコムは代表的な消費者金融の一つで、有名な女優さんをテレビのコマーシャルで起用していることから認知度は非常に高いのではないでしょうか。

アコムカードはカードローンやキャッシング機能を兼ね備えていて、どんな特徴があるのかまとめてみました。

  • 融資額は最高で800万円まで
  • 実質年利は3.0%~18%
  • 30日間に渡って金利が0円のサービスを行っている
  • 全国の店頭窓口やATMで借り入れや返済が可能

大手の消費者金融ということで利用者は現在でも多く、インターネットを使って簡単に申し込みができます。

アコムへの過払い金請求について

過払い金請求に関して、下記のイメージを持っている方は少なくありません。

  • 中々返還に応じてもらえないのではないか?
  • 全額を請求することはできないのではないか?
  • 面倒な手続きをしなければならないのではないか?

確かに、法律の話となると素人は難しく考えがちですが、アコムでは過払い金をしっかりと返してくれるので安心です。 三菱東京UFJ銀行系の消費者金融なので経営が安定していて、2017年には見事黒字へと浮上しました。

経営が安定していない消費者金融は倒産のリスクがあり、過払い金を請求しても返ってこない可能性があるので注意しなければなりません。

  • 以前に何社もの貸金業者が倒産している(武富士が有名)
  • 倒産した後は過払い金の返還が難しくなる
  • 過払い金請求に対応していても1%~3%と返還率が非常に低い

こういった特徴があるので、過去に高金利で借り入れをしていた方は早めに過払い金請求の手続きが必要です。 その点、今のところはアコムに倒産の危機はなく、2004年の3月に三菱東京フィナンシャルグループと戦略的な資本提携を結んで生き残る準備をしていたのが大きいのではないでしょうか。

消費者金融の全盛期の2000年前半の貸付総額は武富士よりも大きく、だからこそアコムでの過払い金が発生している債務者はたくさんいます。 そんなアコムで過払い金請求を行う上で押さえておくべきポイントを説明しているので、過払い金を取り戻したいと考えている方は一度目を通しておいてください。

アコムの過払い金請求の年度別の状況

平成18年の1月13日に最高裁判決で過払い金を返還しなければならないことが決まり、消費者金融にとって多大なダメージとなったのは間違いありません。 この点に関してはアコムも全く一緒で、経営が安定していても資金繰りに苦労することになったのは事実です。

そこで、アコムの過払い金請求が年度別でどんな状況なのか大まかに見ていきましょう。

  • 2014年:銀行をバックに過払い金請求の対応を淡々とこなしていた
  • 2015年:請求金額の100%は困難でも、裁判では90%~100%と戻ってくる金額が高い
  • 2016年:若干の減少はあるものの、依然として過払い金の返金は続いている

2017年の現在では既に10年間という時効を迎えている方は多く、過払い金請求ブームの年と比べてみると人数は減りました。

しかし、今も尚アコムへと借り入れや返済を行っている方であれば、最後の取り引きから10年間は過払い金の請求ができると決められています。 今からでも決して遅くはありませんし、個人での交渉でも専門家への依頼でも支払い過ぎていた利息分を取り戻せる点では一緒です。

  • 2006年~2007年前後にアコムへの借金を返済した記憶がある
  • それからは一切借り入れや返済などの手続きを行っていない

上記に該当する人は刻一刻と時効が迫っていて、10年間が経過した後に請求しても取り戻すことができないので早めに手続きをしてください。

アコムで過払い金が発生している人の条件は?

「アコムと契約している=全ての人が過払い金請求の対象」とは一概に言えません。 アコムを使って借り入れや返済をしていても過払い金を貰えない人はいるので、発生している人の条件を幾つか挙げてみました。

  • 法律が変わる前の出資法の高金利で借り入れを行っていた
  • クレジットカード機能を持つアコムマスターカードでキャッシングしていた
  • 傘下グループに当たるDCキャッシュワンで借り入れを行っていた
  • 過払い金を請求できる期限の10年間が経過していない

アコムは2007年の6月18日から上限金利を20%に変更しているため、それ以前に契約していた人が対象です。 「途中で上限金利が変更されている場合はどうなるのか?」と疑問を抱えている人はいますが、利息が変更になる前に返済していた分は過払い金請求の対象となります。

ただし、アコムマスターカードでの過払い金はキャッシング機能だけで、ショッピング分は含まれません。 キャッシングとは違ってショッピング機能は借り入れではなく立替金と判断されるのが理由で、アコム以外の消費者金融やクレジット会社にも同じように該当します。

アコムで過払い金請求を行う際の回収率の目安

アコムで過払い金請求を行うに当たり、「回収率は高いのか?それとも低いのか?」と悩んでいる方は少なくありません。 消費者金融によって回収率には違いが出ていて、全ての貸金業者で満額の100%を返還してくれるとは限らないのが理由です。

過払い金を請求する手続きの方法や年度によって異なるので一概には説明できないものの、アコムでは他の消費者金融と比べて好意的に対応してくれます。

  • 近年になって比較的経営が安定している
  • 大手銀行系の消費者金融でノンバンク系ではない

上記の理由が考えられ、「過払い金を依頼したけれど全く返還してくれなかった」という事態は起こらないでしょう。 それでも、「個人での手続きor専門家への依頼」「裁判なしor裁判あり」といった理由で回収率の目安は変わります。

方法別で大まかな回収率の目安を説明しているので、アコムへと借り入れていた方は確認しておいてください。

  • 個人で直接和解交渉を行う:請求額の30%~50%
  • 専門家が直接和解交渉を行う:請求額の50%~80%
  • 個人が裁判を起こして訴訟する:請求額の50%~100%
  • 専門家が裁判を起こして訴訟する:請求額の90%~100%

同じ過払い金でも個人が交渉した場合、相手が素人ということもあってアコム側は強気の姿勢を見せます。 しかし、弁護士や司法書士など専門家へと依頼すれば、プロが今までの経験をもとにして交渉してくれるので回収率は高くなりやすい傾向があるのです。

また、返還される金額は請求する時期や会社の状況によって異なり、専門家へと依頼しても確実に100%の過払い金が戻ってくるわけではないと心得ておきましょう。

司法書士法人杉山事務所がアコムでの過払い金請求に強い理由は?

アコムで過払い金を請求しようと考えている方には、司法書士法人杉山事務所がおすすめです。 司法書士法人杉山事務所はアコムでの過払い金の請求に強く、その理由を以下では幾つか挙げてみました。

  • 数多くの法務事務所の中でも過払い金請求を専門的に取り扱っている
  • 1ヶ月間で3,000件以上と今までに数多くの実績がある
  • 日本を代表するビジネス誌の週刊ダイヤモンドで過払い金の回収金額で1位に選ばれた
  • 今までの交渉力やノウハウを大いに活かして対応してくれる

アコムは会社規模が大きくてきちんとした管理がなされており、「個人で過払い金の請求をしてくる方」「専門家へと依頼して過払い金の請求をしてくる方」など様々な相手と交渉をしています。 つまり、少しでも返還額を少なくしたり1日でも交渉を遅らせてきたりというノウハウを持っているので、個人の対応では満足のいく金額になりません。

だからこそ過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所が選ばれていて、実績の多さは信頼度の高さに比例します。 「どの法務事務所へと相談すれば良いのか分からない」と選び方で迷っている方は、一度司法書士法人杉山事務所へと無料相談をしてみてください。

アコムで過払い金を請求して戻ってくるまでの期間の目安

アコムで過払い金を請求し、手元にお金が戻ってくるまでの期間は裁判の有無で決まります。 裁判で訴訟するとなると期間が延びやすく、大まかな目安を見ていきましょう。

  • 裁判なしの交渉のみ:2ヶ月~3ヵ月程度
  • 裁判ありで訴訟する:4ヶ月~6ヶ月程度

裁判があると様々な手続きを別途で行わなければならず、回収までの期間が長くなる理由です。 それに、上記の目安はあくまでも弁護士や司法書士など専門家へと依頼したケースで、個人での交渉や裁判ではもっと長い期間を費やす形となります。

専門家へと依頼しても手間は打ち合わせをするだけなので簡単ですし、アコムから過払い金を早期で回収しようと考えている方は個人での交渉や裁判はなるべく避けるべきです。

アコムで過払い金を請求するまでの流れ

回収までのスピードや回収率で比較すると、弁護士や司法書士に依頼した方が圧倒的にメリットが大きくなります。 これは大手の消費者金融のアコムにも当てはまりますが、一定の手数料を支払わなければなりません。

  • 着手金:過払い金の成功や不成功に関わらず、案件を依頼した際に発生する費用
  • 基本報酬:過払い金を請求する1社当たりに発生する手数料(事務所によって異なる)
  • 過払い報酬:手元に戻ってきた過払い金の割合に応じて発生する費用(20%~25%)
  • 減額報酬:返済中に過払い金の請求を行い、借金が減った時の手数料(0%~10%)
  • オプション手数料:「事務所手数料」や「日当交通費」など項目は様々

アコムから取り戻せる過払い金が少ない場合、手数料と打ち消されて手元に残る金額が減るケースは十分にあり得ます。 そこで、個人がアコムで過払い金を請求するに当たり、どのような流れで手続きをすれば良いのかチェックしておきましょう。

  • ①アコムのお客様相談センター(0120-036-390)へと電話をして今までの借り入れや返済の履歴が全てまとまった取引履歴を取り寄せる
  • ②取引履歴を郵送で受け取る場合は1週間程度、店頭へと出向いて依頼する場合は2時間程度で受け取れる
  • ③受け取りが可能な有人店舗に関しては、「アコムの公式サイト」⇒「店舗…ATM検索」⇒「エリアを選択」⇒「店頭窓口で申し込みができるにチェックを入れる」と検索できる
  • ④取引履歴を取り寄せた後に専用の計算ツールを使い、どのくらいの過払い金が発生しているのか引き直し計算を行う
  • ⑤引き直し計算に関してはツールとExcelが使えるパソコンがあればOKで、借り入れと返済が500回以内であれば2時間~3時間で完了する
  • ⑥発生している過払い金を確認した後に、アコムのお客様相談センター(0120-036-390)へと電話する
  • ⑦過払い金請求の担当者に繋いでもらい、電話で和解交渉をして返還額を尋ねる
  • ⑧アコムから提示された条件で納得できる場合は和解成立で、和解書が自宅へと郵送される
  • ⑨早ければ交渉が終わってから3ヵ月程度で過払い金が指定の銀行口座へと振り込まれる

専門家へと依頼する方法とは違って、個人での過払い金請求では金銭的な負担がありません。 引き直し計算のツールはインターネット上で無料でダウンロードできますし、手数料を支払わなくて良いからこそアコムから返還された過払い金を全て懐に入れられます。

その代わりに回収率が低くなるデメリットがあり、裁判へと発展しないと半額の50%というケースもあるので注意が必要です。 過払い金の請求を考える場合、まずは自分で和解交渉をするのか専門家へと依頼するのか決めましょう。

まとめ

アコムへの過払い金の交渉は個人でも可能です。 ただし、請求者が個人ともなると相手は素人を良いことに法律用語を連発し、動揺を誘う作戦に出ることがあるので注意しなければなりません。

  • 本来であれば200万円を超える金額の過払い金が発生している
  • 「50万円であれば直ぐに支払えます」と減額を要求してくる
  • 「100万円だと振り込まれるまでに1年間がかかる」と言葉巧みに仕掛けてくる

上記のように減額したり期間を延ばしたりすることが多く、民法第703条では返還義務があるだけで全額を債務者へと返さなければならないとは決まっていないので当然です。 そのため、少しでも多くの金額をアコムから取り戻したいのであれば、個人での交渉ではなく専門家へと依頼して損失を防いでください。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ