レイクへの過払い金請求

レイクへの過払い金請求

  • どの事務所に依頼すれば迷ったら消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所

    これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。
    過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。 ...

    公式サイト

レイクはどのような消費者金融なの?

レイクは新生フィナンシャル株式会社が1994年に設立し、以下の2種類のサービスを提供しています。

  • 消費者金融としての「新生フィナンシャルカードローン」
  • 信用保証業務を行う「新生銀行カードローン レイク」

銀行と提携しているのでノンバンク系の消費者金融とは異なり、経営は安定しているので安心です。 具体的にレイクがどのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

  • 銀行カードローンなので銀行法と呼ばれる法律を使ってお金を貸し付けている
  • 「最短即日融資」や「無利息サービス」、「レディースレイク」などの豊富なサービスを提供している
  • 借入額が100万円未満の場合は年利18%と他の消費者金融と特に変わりはない
  • 5万円まで180日間無利息サービスと独自の特典を積極的に採用している

「レイク=消費者金融」と考えている方は多く、確かにかつては有名な業者として活躍していました。 消費者金融と変わらない年利でお金を貸し付けていますが、現在では銀行としてのサービスが積極的に提供されています。

新生銀行のカードローンのブランド名になっていて、アコムなどの他の業者とは少々意味合いが異なるのです。

レイクで過払い金請求はできる?押さえておくべきポイントは?

結論から言うと、レイクは以前に高金利でお金を貸し付けていたので過払い金請求ができます。 2008年の9月から新生フィナンシャル株式会社は、新生銀行の傘下になりました。 ほのぼのレイクのブランド名で、テレビのコマーシャルを見掛けたことのある方は多いのではないでしょうか。

しかし、過去には出資法の法律をもとに27%超の利息で貸し付けをしていたため、法定利息を超える支払い過ぎていた分を過払い金として請求できるのです。 どのような人がレイクで過払い金を請求できるのか見ていきましょう。

  • 2007年以前にレイクを利用して借り入れや返済などの手続きを繰り返していた
  • 金利の変更の後に契約の変更手続きを行っていなかった(それ以降も高い金利を支払っていた可能性がある)
  • レイクのカードローンで最後の取り引きから時効となる10年間が経過していない

上記に該当する人は少なからず過払い金が発生していて、レイクへと返還の要求を行うことで一定額のお金が返ってきます。 過払い金請求は私たちに与えられた権利ですし、利息分を返してもらうのは債務整理に当たりません。

つまり、ブラックリストに載って借り入れができなくなる心配はなく、単純に自分が支払い過ぎたお金を返してくれるのがメリットです。 現在の母体が銀行ということもあり、他の消費者金融と比べると高い水準での和解交渉ができます。

  • 経営が安定していない消費者金融よりも過払い金の返還額が高くなりやすい
  • 大手の銀行の傘下なので過払い金を請求して返還されるまでの期間が短い
  • スピーディーに解決してくれるので手続きで面倒だと感じることがない

このような特徴があるので、「本当にレイクで過払い金を請求できるの?」と不安を抱えている方でも安心です。 当時のコマーシャルの広告を見てみると貸付利率は18.0%~29.2%と非常に高く、金利が引き下げられた2007年の12月2日以前に借り入れた方が過払い金請求の対象となります。

以下では、レイク(新生フィナンシャル)で過払い金請求を行うに当たり、押さえておくべきポイントを幾つか挙げているので一度チェックしておいてください。

レイクの過払い金の返還状況は良い

レイクは銀行系列ということもあり、過払い金の返還状況が良いのが特徴です。 過払い金請求の時期や依頼者の状況によって変わるので一概には説明できないものの、大まかな目安を見ていきましょう。

  • 裁判無しの和解交渉:90%程度
  • 裁判ありの場合:100%+α(5%の遅延損害金)

回収率に関しては個人で交渉を行う場合と、専門家へと依頼する場合によって異なります。 レイクに限らず他の消費者金融でもケースバイケースですが、他の業者と比べれば交渉がしやすい傾向があるのは間違いありません。

弁護士や司法書士へと相談すれば和解交渉でも90%程度と返還状況が良く、少しでも多くの過払い金を取り戻せるのです。

  • 早期の返還を希望している⇒過払い金を一部減額してレイクと和解する
  • 過払い金の金額を重要視している⇒裁判で訴訟へと持ち込む

このように個人の希望に合わせて手続きを変えることができ、返還までの期間を重要視するのか金額が少しでも多ければ良いのかじっくりと考えてみましょう。

近年では和解の対応が少しずつ悪化している

以前までは過払い金請求の返還状況が良く、レイクでは和解交渉でも希望の金額を取り戻しやすいと言われていました。 しかし、2014年に日本GEとの損失補償契約を終了したことを境に、和解の対応が少しずつ悪化しています。

以下ではレイクの変遷の概要を大まかにまとめてみました。

  • ①2008年に新生銀行がレイクを買収してオーナーが日本GEから新生銀行に変わる
  • ②契約の際にレイクで発生した過払い金による損失は日本GEが負担すると決められていた
  • ③2014年に過払い金の損失に関する契約が打ち切りとなった
  • ④契約の打ち切りの条件は「1,750億円を一括で支払う」
  • ⑤この資金が枯渇するまでの期間は大よそ5年間だと言われている
  • ⑥2016年に突入して和解の対応が良かったレイクが少しずつ減額を求めるようになった

「契約が打ち切られる」⇒「一括で過払い金の損失のお金が支払われる」⇒「債務者へと返還してなくなりつつある」というのがレイクの現状です。 以前は個人で手続きをしてもそれなりの過払い金を返還してくれましたが、近年では80%~90%と高水準の回収率は期待できなくなります。

もちろん、大手の金融機関に買収されたので、レイクが潰れて過払い金を回収できなくなる心配はありません。 とは言え、武富士を中心に現在まで過払い金の支払いで倒産へと追い込まれた消費者金融はたくさんあります。

  • 2016年に倒産して過払い金が大幅に減額された「栄光」
  • 2014年の10月に破産の手続きが開始した「マキコーポレーション」
  • 2010年9月の会社更生法の適用を申請して事実上の倒産となった「武富士」
  • 2009年の8月に東京地方裁判所で破産手続開始決定を受けた「SFコーポレーション(三和ファイナンス)」
  • 2008年の3月に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した「アエル」

上記の消費者金融が代表的で、倒産後は武富士の場合で3.3%、SFコーポレーション(三和ファイナンス)の場合で1%前後と過払い金で取り戻せる金額が大幅に少なくなるのです。 レイクが100%潰れないと言い切ることはできず、これから更に減額されることを考慮すれば早めに過払い金請求の手続きを始めた方が良いでしょう。

専門家へと依頼すればレイクから受け取れる過払い金は多くなる

自分で引き直し計算を行って電話交渉を行うよりも、弁護士や司法書士などの専門家へと依頼した方がレイクから受け取れる過払い金は多くなります。 この点に関しては和解交渉でも裁判でも同じように該当し、専門家へと依頼するメリットを幾つか挙げてみました。

  • 素人であると甘く見られることがなく、「5割から7割程度でどうですか?」と和解案を提示される心配がないので回収率がアップする
  • 過払い金がどのくらいあるのか確かめる引き直し計算を正確に行ってくれるので、計算間違いによる減額のリスクがない
  • 書類を作成したり電話で交渉したりといった面倒な手続きを全て専門家に任せることができ、自分は普段と同じ生活を送れるので仕事に支障が出ない
  • 過払い金請求に特化した事務所であればスピーディーな対応を心掛けてくれるので、返還されるまでの期間が短くなる
  • 貸金業者からの連絡や裁判所からの書類は全て法律事務所や法務事務所宛てに届き、家族に借金の事実が知られる心配がない

回収率が高くなるだけではなく、回収期間も早くてスムーズに過払い金を手にできるのが魅力的なポイントです。 レイクでの和解の対応が悪くなっている今だからこそ、専門家の助けを借りて過払い金請求を行った方が良いのは間違いありません。

自分でレイクへと過払い金を請求すると、下記のように手間がかかります。

  • ①平日の9時半~18時までにお客様相談センターの「0120-019-208」へと電話をかける
  • ②電話で取引履歴が欲しいという旨をオペレーターへと伝える
  • ③申請書が送付されるので、必要事項を入力して本人確認書類と一緒に返送する
  • ④過払い金がどのくらいあるのか知るために引き直し計算を行う
  • ⑤レイクに対して過払い金の返還を電話で要求して交渉する
  • ⑥電話交渉で話がまとまれば4ヶ月~5ヶ月程度で過払い金が返還される

時間がかかるだけであればまだしも、交渉の段階で躓きやすいので注意が必要です。 弁護士や司法書士に依頼すれば代わりに過払い金を請求してくれますし、希望の金額を手にしやすいので司法書士法人杉山事務所へと依頼してみましょう。

他の法務事務所とは大きく異なり、司法書士法人杉山事務所には確かな実績があります。過払い金の返還請求された金額が日本一なので、レイクから過払い金を取り戻したいと考えている方はメールを使って無料相談をしてみてください。

レイクで過払い金請求をする際は取引履歴の廃棄問題に注意!

レイクで過払い金請求をする場合、他の消費者金融とは異なる点があります。 それは取引履歴の廃棄問題で、過払い金の引き直し計算をする上で欠かせない取引履歴が全て開示されていません。

金融業者には取引履歴を保存する義務があるものの、平成5年の10月以前の取引履歴は全 て削除してしまったと言い張っています。

  • ①1964年に株式会社エルがレイクを創業した
  • ②1998年に株式会社エルのほのぼのレイクをGEが買収した
  • ③2008年の9月に新生銀行の子会社となる

レイクにはこのような経緯があり、なぜ平成5年の10月以前の取引履歴が保存されていないのか不明です。 しかし、無いものは無いとして開示には応じてくれず、債務者自身が契約書を所持していない場合は正確に過払い金を計算できません。

少しでも多くの過払い金を請求するために自ら取り引きの経過を再現する推定計算と呼ばれる方法がありますが、基本的にレイクでは認めていないので注意が必要です。 つまり、ただでさえ近年ではレイクでの和解対応が悪くなっているのにも関わらず、古い取引履歴で正確に過払い金を計算できないので受け取れる金額は少なくなります。

個人で交渉をすれば大幅に減額される可能性が高く、過払い金の減額に納得がいかない人は弁護士や司法書士へと相談しましょう。

旧コーエークレジットの契約者は合わせてレイクに過払い金を請求できる

レイクと合併した旧コーエークレジットの契約者であれば、合わせてレイクへと過払い金を請求できます。

  • レイクでの借り入れで発生した過払い金
  • 旧コーエークレジットでの借り入れで発生した過払い金

上記の2つをトータルで請求でき、同じように以前に高金利で借り入れや返済などの手続きを行っていた方が対象です。 ただし、旧コーエークレジットの過払い金請求を行い、レイクに借金がある方は気をつけなければなりません。

過払い金で借金を相殺できるのであれば問題はありませんが、借金が0円にならないと債務整理扱いとなるのでブラックリストに載ってしまいます。 ブラックリストに載って社会的な地位が下がる心配はなくても、5年間はクレジットカードを発行してキャッシングをしたり住宅ローンを組んだりできないので借金の残高はきちんと確認しておきましょう。

まとめ

このページでは、レイク(新生フィナンシャル)への過払い金請求に関する情報をまとめました。

  • 少しずつ和解交渉での過払い金の金額が減額されている
  • 過払い金の資金が近いうちに枯渇する可能性がある
  • 1993年9月以前の取引履歴は開示されていない

上記の問題があるものの、新生銀行の子会社なので過払い金の請求に応じてくれない心配はありません。 以前に高金利で借り入れていた人の中には過払い金が100万円と大きな金額になっているケースもありますし、10年間の時効で受け取れなくなる前に手続きを行ってください。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ