アイフルへの過払い金請求

アイフルへの過払い金請求

  • どの事務所に依頼すれば迷ったら消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所

    これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。
    過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。 ...

    公式サイト

アイフルとはどんな消費者金融なの?

アコムやプロミスと並んで、アイフルも日本の有名な消費者金融です。 消費者金融でお金を借り入れたことがない人でも、一度はアイフルという名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 アイフルのカードローンにどんな特徴があるのか以下では幾つか挙げてみました。

  • 融資のスピードが非常に速く、審査時間が短いのでお客様によっては当日中の融資も十分に可能
  • 利息が1ヶ月ごとではなく日割り計算なので、早期返済で金利分の負担を抑えることができる
  • アイフルのATMに加えて提携先ATMやインターネットを使って借り入れや返済ができる
  • 店舗や契約ルームが近くになくても、WEB契約で本人確認書類を提出すれば直ぐに利用できる
  • サイト上でもセキュリティ対策に拘っていて、信頼性の高い暗号通信技術を採用している

可愛いチワワが見つめてくるテレビのコマーシャルで有名となり、会社自体も東証一部上場しています。 アイフルで借り入れることができるのか不安な方は、お試し融資診断を受けてみましょう。

アイフルへと過払い金請求はできる?押さえておくべきポイントは?

以前からアイフルを利用し、お金を借り入れていた方は少なくありません。 金利が改定されたのは2007年の8月1日以降の新規取引からで、それ以前に借り入れがあった人は今現在の利息制限法とは異なる金利でした。

  • 以前は28.835%と高金利で貸し付けていた
  • 今は利息制限法に則って上限金利は4.5%~18.0%

この差額分となる過払い金を請求でき、2017年の現在でも手続きを進めている方は増えています。 どのような人がアイフルでの過払い金請求の対象となるのか見ていきましょう。

  • 2007年の8月1日以降にアイフルと契約してお金を借り入れていた
  • 最後に取り引きを行ってから10年間の時効が成立していない

過払い金請求には10年間の期限が設定されているため、最後の取り引きがいつだったのか確認する必要があります。 しかし、現在も借り入れや返済を行っている人であれば対象となり、アイフルへと請求すれば今までに支払ってきた利息分を返還してもらえるのです。

過払い金請求の手続きはそこまで難しくありませんし、特にデメリットはありません。

  • 何かとケチをつけて返してくれないのではないか?
  • アイフルから脅されるのではないか?
  • 他のカードローンを使えなくなるのではないか?

こういった不安を抱えている方は多いものの、過払い金の返還請求は債務者に与えられた権利なので誰でも該当すれば返してもらえます。 そこで、以下ではアイフルで過払い金請求を行うに当たり、押さえておくべきポイントを挙げているので手続きを始める前に一度チェックしておいてください。

アイフルの現状は悪く過払い金請求の回収率が低い

アコムやプロミス、レイクなどの多くの消費者金融が銀行の傘下に入る中、アイフルだけは独立しています。 武富士が倒産した今では最大の独立系消費者金融業者なのですが、正直に言ってノンバンク系なので現状は良くありません。

  • ①平成21年の12月にADR(私的整理手続き)を行ってこれからの資金繰りが懸念されていた
  • ②平成26年にアイフル金融支援の継続で銀行団と大筋合意した
  • ③何とか倒産の危機を乗り越えているのが現状

アイフルにはこのような特徴があり、銀行系列の消費者金融と比較すると経営体力が低いからこそ過払い金の回収率が低くなっています。 過払い金を請求すればいかなる状況でも全部が返ってくると考えている方はいますが、アイフルでは特に満額の返還が困難なのです。 具体的に回収率がどの程度になるのかまとめてみました。

裁判をせずに話し合いで交渉する任意交渉
  • 個人での交渉では元本の1割程度
  • 専門家による交渉では元本の1割~5割程度
訴訟を提起した上で交渉する裁判交渉
  • 個人での交渉では1割~10割
  • 専門家による交渉では5割~10割

債務者の立場に立って考えると少しでも多くの過払い金を回収したいはずですし、アイフルの立場に立ってみると経営状態が厳しいからこそ過払い金の返還は少しでも減らしたいと考えます。 だからこそ他の消費者金融よりも圧倒的に回収率が低く、個人での交渉では1割程度のケースも意外と多いのです。

本来であれば100万円の過払い金があったとしても、たったの10万円しか回収できないので満足できる金額を迅速に支払ってもらえる会社ではないことがお分かり頂けるでしょう。 弁護士や司法書士など専門家へと依頼しても満額の返還は難しいのが現状で、企業にも破綻のリスクがあるからこそ多少は仕方がありません。

アイフルは過払い金が返還されるまでの期間が長い

個人で交渉した場合、アイフルでは過払い金が返還されるまでの期間が長い特徴があります。

  • 控訴(第1審で消費者の勝訴判決が出た後に控訴すると裁判が長引く)
  • 移送申し立て(本社がある京都の裁判所で争いたいと申し立てる)
  • 債務不存在(一定額を超えて過払い金は存在しないと控訴する)

このようにありとあらゆる作戦で時間を引き延ばすいやらしい作戦を行っているため、希望する金額だけではなく回収のスピードも遅くなりやすいのです。 過払い金請求する時期や個人の状況によって変わるので一概には説明できませんが、任意で交渉して和解をしても返金までの期間は3ヶ月~8ヶ月と長くなっています。

「少しでも早く過払い金を取り戻したい」という希望を叶えるのが難しいのが現状で、アイフルが苦しい状況に追い込まれていることは何となく想像できるでしょう。 自分で貸金業者へと過払い金請求を行うに当たり、下記のメリットがあります。

  • 弁護士や司法書士など事務所へと手数料を支払わなくても良い
  • 余計な出費が減れば最終的に手にできる過払い金の金額は高くなる
  • 過払い金の請求に関する勉強をすることで法律の知識が身について今後に役立てられる

しかし、アイフルの場合は回収率にしても期間にしてもメリットが少なく、一人で交渉して希望の金額を手にするのは難しいと心得ておくべきです。

専門家へと依頼して裁判で交渉すれば回収率は高くなる

経営状態が芳しくないアイフルでも、専門家への依頼して裁判で交渉すれば過払い金の回収率は多少は高くなります。 上記でも説明したように、専門家による依頼で訴訟を提起した上で裁判交渉をすれば5割~10割の金額を目安に返還されるのです。

露骨な時間稼ぎを狙ったり控訴に持ち込んだりと過払い金を得られるまでの期間は長くなるものの、アイフルから少しでも多くの過払い金を得たいのであれば裁判が有効なのです。 そこで、「どの法律事務所や法務事務所へと相談すれば良いのか…」と迷っている方は、司法書士法人杉山事務所へと依頼してみましょう。

手続きが難航しやすいアイフルでも比較的スピーディーに過払い金を回収でき、他の事務所と異なる点をまとめてみました。

  • 日本を代表するビジネス誌の週刊ダイヤモンドで過払い金の回収金額でナンバーワンに選ばれている
  • 毎月3,000件以上の依頼を受けてきた実績やノウハウを活かして、アイフルと交渉してくれる
  • 消費者金融が恐れる司法書士事務所に選出されていて、実績だけではなく信頼感も獲得している
  • 相談金や着手金は0円と初期費用がかからず、過払い金を取り戻した時の成功報酬だけでOK
  • 成功報酬は分割払いが可能で、依頼で発生する費用の負担を軽減してくれる

信頼と実績の両方を獲得している司法書士法人杉山事務所であれば、満足のいく金額の過払い金を請求できます。 事務所の中には貸金業者と裏協定を結んでいるところがあるので注意しなければならないものの、司法書士法人杉山事務所では依頼者の目線に立って考えてくれるので一度無料相談をしてみてください。

アイフルは第1審で控訴してくる可能性が高い

過払い金請求の裁判では140万円以下の場合は簡易裁判所で行われ、ほとんどのケースで債務者側が第1審で勝利します。 過払い金の請求が法律で認められているのが大きな理由ですが、アイフルは第1審で控訴して争いを継続してくる可能性が非常に高いのです。

そもそも、裁判における控訴がどんな内容なのか簡単にまとめてみました。

  • 第1審の判決や判例の結果に不服がある場合は負けた方にも控訴できる権利がある
  • 控訴をすれば簡易裁判所ではなく別の上級裁判所で再審の申し立てができる
  • 権利関係が明らかで再審しても意味がないと判断された場合は棄却される

一般的な消費者金融の場合、第1審で依頼者が勝った場合は素直に支払いに応じます。 その点、アイフルは大手金融機関の傘下に入っていないからこそ経営状態が厳しく、「やすやすと過払い金を支払うわけにはいかない」と争いを継続する姿勢を見せてきます。

実際には第1審の決定が認められることはなく、アイフルの控訴は悪あがきと言っても良いでしょう。 しかし、アイフル側もこの点に関しては熟知していて、判決が確定するまでの時間を少しでも引き延ばして時間稼ぎのために控訴をしています。

他の消費者金融では半年間程度で過払い金を請求できても、アイフルでは1年間程度と長引きやすいので覚悟しておいてください。

取引期間中に支払いの遅延があると期限の利益の損失を主張される

アイフルへと過払い金請求の訴訟を行うに当たり、取り引き期間中に支払いの遅延があると期限の利益の損失を主張されるので注意しなければなりません。 期限の利益の損失が具体的にどんな内容なのか見ていきましょう。

  • 債務者が返済に遅れたことで契約内容を損なったと主張する
  • 法律上は遅延損害金利率の適用が認められる
  • 元金が10万円以上の借り入れに対して最大で26.28%までの金利が認められる

通常の上限金利は利息制限法により、「10万円以下は20%」「100万円未満は18%」「100万円以上は15%」と定められています。 しかし、支払いに一度でも遅れた場合は債務者側に非があるため、上限金利の1.46倍までの金利を取ることが認められる遅延損害金利率を認めざるを得ない状況に陥るのです。

今までの全ての取り引きに関して遅延損害金利率を適用させるのは横暴ですが、一部の裁判ではアイフル側が勝訴した判例もあります。 つまり、上限金利が上がれば過払い金の請求ができなくなり、他の消費者金融では和解に応じてもアイフルの場合は徹底的に争う姿勢を見せてくるので非常に厄介です。

  • 今までアイフルからお金を借りていて返済が遅れたことは一度もない
  • 貸金業者とのトラブルが起きたことは一度もない

こういった優良な顧客であれば期限の利益の損失を主張されることはなくても、こちら側に少しでも非があるとつけ込んでくるので裁判を起こす際は一人での手続きではなく必ず弁護士や司法書士へと相談しましょう。

過払い金の請求後はアイフルのカードが使えなくなる

アイフルに限らず他の消費者金融にも該当しますが、過払い金の請求後はアイフルのカードが使えなくなります。

  • ①過払い金の請求の返還を申し出たり任意整理を行ったりする
  • ②返還後はアイフルを解約したのと同じ状態になる
  • ③借金が完済していればブラックリストには載らずに済む
  • ④その代わりにアイフルの社内ブラックには載ってしまう
  • ⑤カードが使えなくなるだけではなく再発行も原則的にできない

このような特徴があり、過払い金請求を行う上でのデメリットの一つです。 とは言え、借金が完済中の状態で過払い金を請求したり、受け取る過払い金で現在の借金を相殺できたりする際は信用情報に傷はつきません。

アイフルのカードが使えなくなっても、ブラックリストに載らなければ他の消費者金融のカードやクレジット会社のキャッシングは利用できるので安心してください。

まとめ

以上のように、アイフルは他の消費者金融とは違って過払い金請求の手続きが難航しやすい特徴があります。

  • 過払い金を請求すれば誰でも満額を受け取れる
  • 弁護士や司法書士に頼めば回収率は高くなる
  • 専門家へと依頼すれば過払い金が返還されるまでの期間が短くなる

アイフルではこのような常識は通用せず、専門家へと依頼しても受け取れる過払い金が少なくなりやすいので注意しましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ